ネットショップ開業

-ネット-ショップのSEO対策-

大手ポータルサイトのディレクトリに登録



ヤフー検索のSEO対策の第1歩として有効なのが「ビジネスエクスプレスによるYahoo!ディレクトリへの掲載」だと紹介しました。

次に検索エンジンシェア第2位「Google」での対策に有効なディレクトリを紹介します。
Googleでは被リンクによる順位付けの比重が高いため、他のサイトから多くリンクされるのはもちろんページランクの高いサイトからリンクされることも重要になってきます。

先に紹介したYahoo!ディレクトリの場合、特殊なリンク方法をしているためYST以外でのSEO効果は無いと思われます。試しにYahoo!ディレクトリのページで掲載サイトへのリンクにカーソルを合わしてみてください。
ブラウザの下のバーには「http://dir.yahoo.co.jp/proc/?m=redir&sid・・・・」と表示されています。どのような目的や理由があるのか定かではないのですが、このようなリンクのされ方はSEO対策にはならないと言われています。ただし、登録サイトはYSTで加点されるアルゴリズムがありますので、Yahoo!検索でのみ順位アップの効果があります。


ではGoogleで有効な大手ディレクトリは・・・?となりますが、まずGoogleのディレクトリである「DMOZ」です。とは言ってもDMOZはボランティアで運営されていて、申請しても登録どころか審査すらされない場合がほとんどのようです。また、ネットショップなどの営利目的のサイトは掲載されにくいと言われています。よほどの有名企業でもない限り掲載は困難言えるでしょう。


他には大手ポータルサイトへ一括掲載できる「エクスレコメンド」というサービスがあります。これは大手ポータルのエキサイト・goo・ビッグローブ・・・などなどのディレクトリ掲載への審査を有料で行なっているサービスです。
エクスレコメンドへの登録はネットショップのSEO対策に有効な手段として是非登録しておきたい所です。(「審査料」となっていますが、サイトに問題がなければまず通る審査のようです。)



(C)2007 All Right Reserved ネットショプ開業NAVI