ネットショップ開業

何を売るか考える


ネットショップを開業しようと思えば、まず最初に考えるのが「何を売るか?」だと思います。

個人の場合は大きな総合ショップのようなものより、専門性のあるショプの方が良いと言われています。
大手の通販サイトのように品揃えが出来るわけではありませんので、総合ショップにしてしまうとどうしても中途半端なものになってしまいます。

例えば化粧品の販売サイトを作りたいと思えば、色々なメーカーの化粧品をそれなりに揃えただけではやはり大手ドラッグストアなどに勝てる可能性は低いですよね。

ですので個人ネットショップが勝つには「専門性」や「ここでしか買えない商品の販売」などが重要になってきます。
近所で簡単に手に入るような商品や大手サイトでも買えるような商品ばかりでは、価格が安いなどの理由が無い限りわざわざ得体の知れない個人ショップで買う人も少ないでしょう。

そう聞くと個人ネットショップは難しいのかな?と感じるかも知れませんが、逆に言えば大手サイトが面倒で取り扱わないような商品を揃えたり独自ルートで仕入れることができれば十分成功する可能性はあると言えます。

専門性に関しては、やはり自分の趣味や興味のあることを生かしたほうが強いと思います。マニアックな商品を取り揃えることで専門性をアピールできますし、大手では通常やらないメール・掲示板での商品の相談・交流なども実施してお客様の信頼感を勝ち取ればリピーターを獲得できます。店長自身がその商品に対するこだわりや熱意が伝わるショップは、同じ趣味のお客さんを呼び込みやすいでしょう。

独自ルートの仕入れには、例えばその地域でしか手に入らないものや知り合いなどから特別に仕入れさせてもらうなどという方法があります。海外で買い付けたり輸入したりというのも「手に入りにくい商品を販売できる」という意味で強みになります。

他にも何を売るかという視点より「スキマ産業」と言われるような他があまりやっていないようなアイデアを考えるのも成功する1つの道です。




(C)2007 All Right Reserved ネットショプ開業NAVI